オーストラリアの太陽光発電産業 Feb 16

現在のオーストラリアの電力市場は比較的複雑です。その結果、民間企業によって政府や他の地域が運営する一部の地域で統一された国の電力市場、伝達と流通はありません。 次に、大型エネルギー貯蔵装置の支援の緊急の建設、大規模なエネルギー貯蔵の緊急の太陽光発電プラントが多数ありますが、大規模なエネルギー貯蔵と経済的な省エネ貯蔵もあります。 経済的補助金、税払い戻し、その他の局所的な太陽エネルギーの発展を促進するためのオーストラリア政府。 オーストラリアの エネルギーシステムはインテリジェンスに変換されており、電池は最も重要な部分です。

オーストラリアのクリーンエネルギー評議会(CEFC)は、風、太陽、その他の再生可能エネルギーの研究に取り組んでおり、清潔の発展を促進します。 電力小売業者、流通企業、太陽製造業者およびエネルギー貯蔵産業業者、および電源の他の側面を含む500社からの評議会のメンバー。 クリーンエネルギーカウンシルには2つの部門があり、その1つが2つの部門を持っています。これは、自律技術の開発に責任がある再生可能資源の部門であり、財務会社、クリーンエネルギーが責任があります。

現在、太陽光発電企業の現場には、オーストラリアがオーストラリアの計画があります。 15MW-200MW 地域の観点からは、太陽光発電所の最も愛されているクイーンズランドの現在の北東、オーストラリアのクリーンエネルギー評議会が投資します。これら 嵐を通して開発者を助けるためのプロジェクト。

メッセージを残すにはここをクリックしてください

伝言を残す
あなたは私達のプロダクトに興味があり、詳細を知りたいのですが、ここにメッセージを残してください

在宅

プロダクト

連絡先