発電所の違いと ..変電所 Sep 27, 2017

発電所は場所です電気は複製され、変電所が変化します。


場所 変電所の変化 電圧。 遠隔地への電力伝送を行うためには、この作業のリフティング電圧の電圧を低減する必要性に応じて、高電圧に電圧上昇する必要があります。 変電所の主な装置はスイッチと変圧器です。 小さな変電所の大きさに応じて。 変電所は .. 変電所。 変電所: 通常電圧レベル 110kV 降下 変電所。 変電所: さまざまな電圧レベルを含みます。 "Step-Up" そして 「ステップダウン」 変電所。


電力局としても知られている電力プラント(発電所)は、様々な一次エネルギーの電力への自然予約です。(2 エネルギー) 工場 19世紀の終わりに、電力需要の成長があると、人々は電力生産を建設するという考えを提唱し始めました。 モータ製造技術の開発、発電所の需要の拡大、発電所が浮上している。 発電所にはさまざまな方法があります。 電力石炭、石油、または天然ガス駆動タービンが発電プラント、水力発電パワー。駅、太陽エネルギー(PV)、小さな発電および潮汐力、そして原子力発電所のための核燃料は、世界の多くの国にあり、ますます重要な役割を果たしています。

メッセージを残すにはここをクリックしてください

伝言を残す
あなたは私達のプロダクトに興味があり、詳細を知りたいのですが、ここにメッセージを残してください

在宅

プロダクト

連絡先